5DNAに2つの選択肢を 5DNAに2つの選択肢を
MIZUNO BSS SHOP

Concept

そのグラブは、
理想的な型へと進化する。
Concept ミズノは、使用済みグラブの一つ一つを、
「defence」「dynamic」「deformation」「dimension」
「detail」の
5つの観点=5DNAで検証。
その結果、型崩れが起きていない、美しい受球面を
保ったグラブこそが
理想的な捕球フィーリングを
もたらすことを突き止めた。
今回、ウェブポケットとセンターポケットの型、そして
ポケットの捕球位置まで分析して得られた
「黄金比率」を
構造設計に落とし込んだのが、
“5DNA TECHNOLOGY”。

使用者の技術に関わらず、グラブを使うにつれて、
ウェブポケットとセンターポケットは
タイプやポジションごとに
ミズノが突き止めた
理想的な方向へと伸びていく。
こうして5DNA TECHNOLOGYは、
使い込むごとに自ずと美しい型に仕上がっていく。

自分のプレースタイル別にグラブを選んだら、
あとは使い込むだけで自然に理想の型が完成する。
プロフェッショナルなフィーリングに
最短距離で到達できる、そんなグラブだ。
 

*ミズノが様々な選手のグラブを解析した結果から導き出した、
型やフィーリングに関する理想

Features Features

ポケット位置とベロ形状、
背面窓形状の連動が、
理想の型を決める。

*ミズノが様々な選手のグラブを解析した結果から導き出した、
型やフィーリングに関する理想

グローブ
> 詳しく見る
理想の型に、二つの選択肢。

ユーザーの声から生まれた、
もう一つの5DNA。

22modelグローブ
22 MODEL

 ソフトに手首にフィットする。
「ベロ裏内蔵型ハイブリッドムートン」。

よりソフトなフィット感のために手甲の押さえが柔らかに。捕球時の小指側甲の浮きを抑え、手と一体となったような捕球感覚を実現。ハイブリッドムートンは、使用に伴うベロ部小指側の伸びも抑制し、より長時間フィット感を持続させる。

22modelグローブ 内蔵型ハイブリッドムートン(22モデル) ※特許第6750052号 内蔵型ハイブリッドムートン(22モデル) ※特許第6750052号

コシが持続する
ジェネラルキップレザー。

しなやかでハリとコシに秀でた希少なジェネラルキップレザーを採用。しっかり感をよりキープする。

22modelグローブ

驚きのテクノロジーがつまった
はじまりの5DNA。

20modelグローブ
20 MODEL

 よりしっかりしたフィット感が持続する
「ベロ裏ハイブリッドムートン」。

捕球時の小指側甲の浮きを抑え、手と一体となったような捕球感覚を実現。ハイブリッドムートンは、使用に伴うベロ裏の摩耗を抑制し、より長時間フィット感を持続させる。

20modelグローブ ハイブリッドムートン(20モデル) ※特許第6750052号 ハイブリッドムートン(20モデル) ※特許第6750052号

しなやかになじみ理想の型へと導く。
ギンジョウキップレザー。

きめこまかいテクスチャーでほどよい張りがありながら、手になじみやすい革。耐久性はそのままに、しなやかに伸びて理想の型を形づくる。

20modelグローブ
BASIC FEATURESBASIC FEATURES

可動域が広がる。プレーが広がる。

5DNA独自機構がベロ上部を補強。手首に食いつき、フィット感を向上させる。反対にベロ下部はゆとりをもたせることで、自由な動きを確保。軽快なグラブさばきを可能にする。

20modelグローブ

プレーヤーに応じた理想の型を。

プレーヤーのスタイルに応じて2タイプ用意されたハミダシ。それぞれのプレーヤーに応じた理想の型へとグラブの伸びをコントロールする。

22modelグローブ

*ミズノが様々な選手のグラブを解析した結果から導き出した、
型やフィーリングに関する理想

Interview

グラブは感覚で選んではいけない。
グラブを知り尽くしたミズノが語る、
自分に合う「型」とは。

須藤 竜史 須藤 竜史

「美しい型」が、
理想の捕球フィーリングを
実現する。

グラブ担当 商品企画
須藤 竜史
インタビューを読む
<使用済みグラブの分析>
このグラブの一番のコンセプトは、
ユーザーが求める理想の捕球フィーリング

追求したことです。グラブとボールが
しっかりと重なり合い、“食い止まる”
ような感覚。
これを実現することがゴール
でした。プロの使い込んだグラブには、
このようなフィーリングを実現するような
美しい型が形成されています。
彼らのグラブにこそ、
理想のフィーリン
グを実現するヒントがあるのではないか
と思いました。
我々はこれまで、プロからのヒアリングを
もとにグラブを開発してきましたが、
今回とったのは従来とは真逆の
アプローチ。すなわち、選手の使用済み
グラブを分析することで、
逆算的に新しい
グラブを生み出すやり方です。ミズノには
多くの選手とのネットワークや、
使用済み
グラブのサンプルも多くあります。
こうした環境があったからこそできた
大胆な開発手法だったと思います。
<Cacthing DNAの発見>
具体的にはどのような分析を行ったか。
プロの使用済みグラブのフィーリングを、
新品のグラブで再現するために、使用済み
グラブに形成された型に共通項を見出す
必要が
ありました。どの場所が、
どのように変化していると、理想
フィーリングを実現する型と
言えるのか。
その方程式を見出す作業です。
結果、「ポケット位置」「ベロ形状」「背面窓形状」に共通した要素が見られました。
我々はこれを“Catching DNA”と呼び、
これらの共通項を落とし込むことで、
今回のグラブが生まれました。
<自分の「型」を知ること>
“Catching DNA”は、すべてのグラブに
読み取ることができます。
自分のグラブの型が、理想の型に近いのか
遠いのか、読み取る指標としても
活用できます。
今後ミズノでは、一般ユーザーの方向けに、
Catching DNAを診断する取り組みも
計画しています。今回のグラブや、
Catching DNAを通して、自分のプレーを
見つめ直す
きっかけになればいいと
思います。

*ミズノが様々な選手のグラブを解析した結果から導き出した、
型やフィーリングに関する理想

Close

Impression

プロ選手が語る、
理想の捕球フィーリングを
かなえるグラブとは。

※個人の見解ですので、効果や感じ方には個人差があります

  • 長野 久義

    手入れ感、フィット感、デザイン、
    すべてにおいて完成度が高い。

    広島東洋カープ
    長野 久義
  • 坂本 勇人

    従来タイプより5Dベロのほうが
    フィット感よく握りやすい。

    読売ジャイアンツ
    坂本 勇人
  • T-岡田

    スムーズな手入れで
    デザインも好み。

    オリックスバファローズ
    T-岡田
  • 内川 聖一

    握った際のフィット感が良い。
    手の甲の浮き防止に
    繋がるので効果的。

    東京ヤクルトスワローズ
    内川 聖一

LINE UP

22モデル 2021年12月発売予定22モデル 2021年12月発売予定
20モデル20モデル
22モデル 2021年12月発売予定22モデル 2021年12月発売予定
20モデル20モデル
22モデル 2021年12月発売予定
20モデル20モデル
22モデル 2021年12月発売予定
20モデル20モデル
BSS SHOP ミズノプロを選ぶなら、BSSショップへBSS SHOP ミズノプロを選ぶなら、BSSショップへ